ドングル改造 SDR ダイレクトサンプリング・スペアナもどき!正確な測定の手引き

JA1XYB&JK1ECZ

 

  300円で買った地デジ用のドングルをSDRダイレクトサンプリングに改造しました。低い周波数から高い周波数まで測定受信したいのでコアによるトランスは使用しません。受信機として使う場合にAGCの動作が一部の周波数でできなくなるためブランチ入力にコンデンサー(直列)を入れました。

 受信機としての改造はウエーブ上で多々見かけますが一部の周波数にしか対応していません。ヒントはトランスは使わないことです。直接ブランチに信号を入れます。それでも中波や短波放送は過入力でアッテネーターやAGCをきかせないと歪んでしまいます。

 測定器として使う場合、特に自局の電波のスペクトラムを観測するにはこのままでは上手くありません。ADコンバーターの直前に0~30デシベル程度のステップアッテネーターが必要です。外つけではだめです。シャックは強烈な電界強度ですので接続ケーブルに電波が重畳されてしまいます。小生は0-10-20-30デシベルのステップアッテネターを本体に組み込みました。

 測定信号はアンテナケーブルに-30デシベルのカップラー(CT)をつけ、さらに-10デシベルの固定アッテネータを付けました。肝心なのはこの部分です。-50デシベル以上のカップラーですと測定信号が小さく途中で重畳される侵入信号と見分けがつかなくなります。

 自局のスプラッター測定やバンドパスフィルターの通過損失・減衰量など正確に測定できます。なお、自局の送信電波以外の観測では感度を上げ、外つけステップアッテネターて使っても支障ありません。アンテナアナザイラーをSG代わりに使うのも一手です。

ちょっとしたアンテナをつなげば40KHzや60KHzのJJYもよく聞こえます。

LT-DT306BK このシリーズは基準発信の安定度が抜群です。一つのドングルで補正すればバラツキもなく他に差し替えても基準周波数の補正は不要です。

 正確なスペクトル測定とは高価な機械を使うことではありませんね。測定電力に対応した設備が必要です。!!

アルミダイキャストケースにくみました。2個のスナップSWは0-10-20-30Dbの50Ωステップアッテネター

500ワットの送信でもBNCを硬貨でふさげば画面フロアの線はびくともしません。

アッテネータとADコンバーター間は最短で配線(1センチ長い配線が命取りになります)

手前から改造ドングル・電力合成方向性結合器・USBチョーク・ステップアッテネーター

 

平日昼間の7メガ AGCが動作していますのでフロアが上がっています。

受信機として動作させた場合、送信帯域については容易にわかりますが信号レベルや画面のダイナミックレンジの関係で受信時の相手局のスプリアス等の観測は

超ローカル局の強力な電波を除いてを除いて無理です。表示画面のスペアナ付きの最新のトランシーバーでも同様です。

 

FT950+リニア(500ワット)の2トーン試験:(シングルトーンで0デシベル、ツートーンf1、f2は-6デシベルにキャリブレート)

従って画面は直読できます。3次歪み-35Db程度かな!5次、7次。ギョ々!!9次まで見えます。フロアは-70デシベルです。

 

 

 

パソコンからの2トーン正弦波の振幅バランス

 

リニアアンプには-30Dbのカップラーが取り付けてありますのでいつでも送信スペクトラムを見ることができます。

30DbのCTはフェライトコア43材では駄目なようです。2次巻き線はアミドンのトロイダルコアに33回巻き付けています。

20Db 10回巻きでは問題ないのですが!

 

 

ホームに戻る 管球式リニアアンプ運用の勘どころ ヘンリー2K4の再生 14MHz 1.5λデルターループの実験 14MHzホイップアンテナの取付・調整方法 福島産放射能と八ッ場ダム愚かな選択 懐 かしの大菩薩峠 ヴィンテージラヂオの紹介 COLLINS 30S1 最強の 14MHzモービル・ホイップ・アンテナの取付と調整方法パートⅡ  究極の100mマルチバンド・ ループアンテナ ドングル改造スペアナもどき!