究極の80mマルチバンド・ループアンテナ

de JA1XYB & JK1ECZ

 1周80mのループアンテナを紹介します。3.5,7,10,14,18,21,24,28全バンドが使えます(基本波の整数倍の周波数が共振し ます)。給電 部に多少の仕掛けはありますがとてもシンプルです。3.5メガは4メガまでチューナー無しでokです。他のバンドも特にチューナーは必要としません。アン テナエレメント以外に同調箇所がない回路の快適さも特筆すべきことです。

 スポットの周波数だけであればATUの使用も一つの方法ですが同調回路が入ると帯域が狭くなりループアンテナの良さが半減してしまいます。また、 広範囲をワッチする場合バンドパスフィルターとなり不便です。



 3.5メガのループは28メガまでの全バンドがワークバンドを含み概ね高調波関係にあります。ですから、ループに直列にインダクタンスを入れ調整 すればたやすくどのバンド でも共振します。問題なのは放射抵抗です。設置状況により90オームくらいから350オームと変化します。これは伝送トランスのタップを切り替え対応しま す。


アンテナの放射抵抗とフィーダーとのマッチングは3個のトグルスイッチでリレーをシャックより操作し伝送トランスのタップを切り替えます。共振周波数の調 整は4個のリ レーを遠隔操作しコイルのインダクタンスを切り替えます。ケースは電工ボックスを使用し、リレーは1回路2接点のタブ形を木ねじで取り付けています。伝送 トランスはフェライトコア(FT240-43)を 2枚重ねにし、巻線はテフロンワイヤーを使いました。1キロワットくらいでは問題ないでしょう。

 伝送トランスでインピーダンス変換していますので回路は広帯域です。また、どのバンドでもVSWRは1.2以下です。エレメントの張り方に起因 しているよう に思えますが3.5から4メガまでVSWRは1.2以下です。これには開いた口がふさがりません!7メガは7050と7150の2箇所を共振点(リアクタ ンスは0)としました。雨が降ってもほとんど共振周波数は変化しません。

 このアンテで中波放送や長波放送を聴くとびっくりするくらい高感度で聞こえます。これはチューナーのようなバンドパス回路が含まれていないためです。各 バンドの使用感ですが少なくてもフルサイズより悪いことはないと思います。


 管球式リニアアンプ運用の勘どころ ヘンリー2K4の再生 14MHz 1.5λデルターループの実験 14MHzホイップアンテナの取付・調整方法 福島産放射能と八ッ場ダム愚かな選択 懐 かしの大菩薩峠 ヴィンテージラヂオの紹介 COLLINS 30S1

最強の14MHzモービル・ホイップ・アンテナの取付と調整方法パートU  究極の80mマルチバンド・ループアンテナ パンドラの箱